*模擬株式会社長商デパート基本目標*



*長商デパートの概要*
 
本校のモットーである「士魂商才(心は高く身は低く)」とは実学を尊び、
礼儀を重んずることであり、これを具現化しているのが伝統的行事「長商デパート」です。
長商デパートの事業内容は、年1回行われる「大売り出し」です。
「大売り出し」は、明治35年9月「第1回物品販売」が販売実習として行われたのが起源です。
その後、大正5年11月「第1回全国名産品実習販売」が行われました。
戦争のため中断しましたが、昭和21年に再開され、昭和26年形態を会社組織に改め、
名称も「模擬株式会社長商デパート」としました。地域の皆様からは「長商デパート」と親しまれております。
長商デパートは本校生徒と職員を株主として運営されています。
私たちは、「単に販売の実習だけでなく、企業計画・実施・統制に至るまで、
年間を通じて商業学習の実践の場」
としています。

第79回(平成15年)から「長商生の笑顔とまごころで創る日本一のデパート」を基本テーマにし、
御来店していただくお客様に長商生にしかない「真の笑顔とまごころ」をお届けしていきます。


*接客7大用語*
 ・いらっしゃいませ
 ・はい かしこまりました
 ・申し訳ございません
 ・おそれいります
 ・少々おまちくださいませ
 ・お待たせいたしました
 ・ありがとうございます

 
 


*長商デパートの特徴*
長商デパ-トの特徴は、まず一つとして”学校の中に会社組織がある”ということです。
仕入れから販売(営業)・経理・人事・会場・宣伝・サ-ビス・用度等全ての運営を
生徒が主体的に実践する貴重な体験学習の場であり、流通の仕組み、
仕入れ商品をより多く声をからして売り尽くす販売努力や、利益を出すことの難しさ、尊さ。
さらには、お客様第一の満足いく販売サ-ビス、各売り場や係員のチ-ムワ-クの大切さ、等々。
勤労感・職業観を培う絶好の場であるといえるのです。


*長商デパート組織図*
模擬株式会社長商デパートは以下のような組織で運営しています。